キュリオス仙台公演in仙台ビッグトップへ行ってきた!

宮城県内であそぶ

世界最高のサーカス・エンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」が送る最新作「キュリオス」の仙台公演が、2019年4月19日から5月29日まで、仙台ビッグトップ(あすと長町)で行われています。

家族4人で鑑賞してきたので、そのときの様子や感想をまとめておきます。

アクセスはJRまたは地下鉄が便利!最寄駅は長町駅

※画像引用:http://www.kurios.jp/index.html

キュリオスが行われる仙台ビッグトップへは、公共交通機関でのアクセスが便利です。

車でも行けますが、駐車場問題とかね、いろいろありますから。

長町駅からは、徒歩5分ほど。駅を出てすぐに、あの特徴的なテントを見ることができるので、迷うこともないでしょう。


帰りは混雑が予想されます。あらかじめ帰りの分の切符を買っておくか、電子マネーのチャージを忘れずに。

ちなみに我が家は混雑を避けるため、隣の駅までお散歩がてら歩いてみました。地下鉄駅ならそれほど距離もないので、天気が良い日はおすすめです。

チャイルドシートの受け取りを忘れずに

身長120cm以下の子ども向けに、サービスカウンターでチャイルドシートの貸し出しを行なっていました。

前の席の人の背が高かったりすると、子どもはかなり見えにくくなります。小さな子ども連れの場合、あらかじめチャイルドシートを受け取るのを忘れないようにしましょう。

(ちなみにわたしは大人ですが145cmしかないので、前列の男性の頭でやや見えずらかったです……)

飲食物の持ち込みは、会場内売店で購入したもののみ

当たり前っちゃ当たり前ですけどね。

売店のメニューはこんな感じ。フードとドリンクに分かれています。

リーズナブルに済ませるなら、チュリトス(350円)でしょうかねえ。うちは子どもにせがまれて、仕方なくポップコーンバケットを買いましたが……1400円、高っ。

休憩中のトイレは大混雑!だけど……

売店などのあるゾーンから、パフォーマンスを見られるテントまでは屋外。ここに仮設トイレが設置されています。

休憩中には大行列ができますが、トイレの数がかなり多いことから、わりとスルスルと進んだ印象。

休憩は30分ありますので、よっぽどギリギリに駆けこまなければ間に合わない!ということはないでしょう。

使用中は赤、空きは青。ぱっと見で判断ができるので、人の流れがスムーズです。

仮設トイレではあるものの、中はかなりきれいです。お外のトイレにはうるさい娘も「ちょっと狭いけど、きれいだね」と合格点を出しておりました。

撮影OK!タイムあり

会場内での撮影は、当然NG。ですがパフォーマンスの終盤には「携帯電話でのみ、撮影OK」の時間が設けられていました。

わたし達の席からは遠くて、ぼんやりした写真しか撮れなかったですが、真ん前で見ていた人は迫力のある写真や動画が撮れたみたい。インスタなどのSNSにも、かなり投稿されていました。

人の投稿を見てると、「次は真ん前で見たいなあ〜」という気持ちがムクムクと……そういう作戦なのかもしれないですね(笑

サーカスは子連れでも楽しめる!

子ども達を連れてシルク・ドゥ・ソレイユを見たのは、これが数回目。

初めての時は、「おとなしく見ていられるかなあ」と不安でいっぱいだったんですが、これが案外釘付けで。見終わった後「おもしろかった」「また見たい!」と言われたのが印象的でした。

なんでもネットで簡単に見られる今の時代だからこそ、生のパフォーマンスを直で見るって、子どもにとっては良い経験になっていると思います。

また機会があれば、家族で行ってみたいです!

コメント