偕楽園「梅まつり」へ行きました。仙台からの所要時間・費用は?

宮城県外であそぶ

東北の3月はまだまだ冬の名残が色濃いですが、そうはいっても暦の上ではすっかり春!ちらほらと春の足跡が聞こえてくる季節となりましたね。

というわけで、仙台からは少し足を伸ばし、家族で茨城県水戸市にある偕楽園「梅まつり」へ行ってきました!そのときの様子をレポートします。

 

偕楽園「梅まつり」とは

偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつ。梅の名所として長い歴史を誇ります。

園内には約100品種・3,000本の梅が植えられており、梅の時期には観光客でにぎわう、圧倒的観光スポット。梅まつりは毎年、2月20日~3月末頃に開催されます。

期間中は、夜梅のライトアップや野点茶会や野外琴の会などが行われるよう。今回は日中に訪れましたが、ライトアップされる梅の花もいつか見てみたいですね~!きっと幻想的で綺麗なんだろうな(*´-`)

公式サイトでは、梅の開花情報が配信されています。「行ってみようかな?」という際は、事前にここでチェックするのがオススメ!

我が家も過去に何度か訪れたことがありますが、いつも時期を外していまいち咲いてない……という残念な結果にw

仙台から水戸までは結構距離がありますので、せっかく行ったのにさっぱりだった(´・ω・`) なんてことにならないようにしたいですね!

 

3月10日に行きました!梅が綺麗に咲いてたよ♪

今年は開花情報もばっちりチェックして、大丈夫なはず!ということで、3月10日に行ってきました。

※咲き具合は毎年異なるので、参考程度にしてください。

有料駐車場前には順番待ちの車がずらーりと並んでいましたが、そこまで待たずに入れました。とはいえ、駐車台数がそこまで多いわけではないので、トイレなどはあらかじめ済ませていくのが◎。一応、駐車場内にトイレはありますが、タイミングによっては激混み!でかなり待つので注意。

駐車場代は、500円です。入る前に、駐車場整理をしているスタッフの方に支払いました。

屋台がいっぱいで楽しい

階段下にまで屋台が出ています。土曜日だったので、人もかなり多かったですね。

お店のラインナップも、土地柄なのか仙台では見かけないものも。インスタ映えを意識しているのか?綺麗に並べられているところも多かったです!

 

子どもたちは花よりも……

子どもたちは「きれーい!」と言って、そこそこ楽しんでいる様子ではありましたが、やっぱり花より団子。歩いている途中で「あとで何を買ってもらおうか」「わたあめは外せない」などブツブツ言ってましたねw

というわけでしっかり食べ物は買わされましたが、上の子はずん子と一緒に写真を撮ったり、下の子は持参した自由帳でスケッチをしたり。

あとは、少し開けたところでかけっこをしたり、隠れミッキー探しで盛り上がったりもしてました。(違うけど)

のびのび楽しんでくれたようで、何よりです。

梅の花だけじゃない!見事な竹林も必見

さすが歴史のある偕楽園。見どころは梅の花だけではありません。

見てください、この見事な竹林を!

めちゃくちゃ立派!圧倒されますよ。


ずん子は同系色でなんか目立たない……

他にも、昔茶の湯に使われたという吐玉泉(とぎょくせん)とか、

樹齢800年と言われる太郎杉とか、

とにかく随所にお見事ポイントがあります。

庭園もすごく素敵。

歩道橋の上から見ると、また違った眺めが楽しめます。ちなみにエレベーターがついてるので、小さな子どもが一緒でも大丈夫。

着物のレンタルもやっていたようです。これは宣伝の女の子たち。恥ずかしそうに歩いてましたw

子連れで注意したいところは?

園内は綺麗に舗装されているところもありますが、砂利敷だったり階段があったりと、ベビーカーがお荷物になる場合も多いです。歩けない子どもが一緒の場合、抱っこ紐を使った方がいいかもしれませんね。

ちなみに偕楽園の公式サイトでは、バリアフリーマップをダウンロードできます。車椅子の方用に作られているようですが、ベビーカーにも応用できるかと。

  • バリアフリーおすすめルート
  • 車椅子自力可能
  • 車椅子可(要介助)

などが記載されており、参考になると思います。

 

またトイレですが、わりとちょこちょこ設置されています。さすが綺麗に整備されているので、このあたりは安心です。

仙台からの所要時間・費用は?

今回は車で行きました。というか、我が家の移動は基本いつも車です。(そしてわたしは運転しない)

本当は朝早く出て下道で行き、帰りだけ高速というルートを考えていたのに、まさかの寝坊!で、致し方なく往復高速で。

所要時間は片道3~4時間、高速代が4,000円程度でした。

ちょっと遠いので、子どもは飽きちゃいますねー。気を紛らわす対策をバッチリ練っていくか、寝ている間にブーンと行っちゃうのが良いかと。

一応、臨時駅もやってます。

おわりに

やっと綺麗に咲いてる時期に行けた!ということで、大満足の偕楽園でした。

整備が行き届いているので、園内は気持ちよく過ごせます。綺麗に咲いた梅の花、まっすぐ伸びた竹林、重厚な大樹や川のせせらぎなど、子どもたちもいろいろなことを感じていたみたい。

仙台からはちょっと遠いですが、機会があればぜひ行ってみてくださいね。

偕楽園概要

公式サイト

住所 〒310-0033
茨城県水戸市常磐町1丁目
アクセス(仙台から) 常磐自動車道 那珂I.Cより約20分
電話番号(偕楽園公園センター) 029-244-5454
開園時間 偕楽園本園:午前6時から午後7時まで(2/20~9/30)、午前7時から午後6時まで(10/1~2/19)
偕楽園本園を除く区域:24時間
※イベント開催時は変更になる場合があります。
駐車場 あり(有料)

コメント